保健室より

学校感染症による出席停止について

医師から「学校感染症」(下記参照)と診断された場合は、次のように対処ください。

至急学校にご連絡ください

学校保健安全法第19条の規定により、出席停止の扱いになります。

「治癒証明書」をお受け取りください

「治癒証明書」をお渡ししますので来校ください。来校できない場合は、次のいずれかの方法をお選びいただき、その旨をご連絡ください。

  • 郵送で受け取る(3日程度かかります)
  • ファックスで受け取る
  • このページから書式をダウンロードする

学校感染症が治癒して登校する際には「治癒証明書」が必要です。

医療機関が記入した「治癒証明書」を、治癒後の登校の際に持参し、担任へ提出してください。

治癒証明書

【参考】学校において予防すべき感染症の種類

  対象疾患 出席停止の期間
第1種 エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、急性灰白髄炎、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(SARS)、鳥インフルエンザ(H5N1) 治癒するまで
第2種 インフルエンザ (鳥インフルエンザ(H5N1)を除く) 発症後5日以上で、解熱後2日を経過するまで
百日咳 特有の咳が消失するまで、または5日間の適正な抗菌剤治療が終了するまで
麻疹(はしか) 解熱した後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎(おたふく) 耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現5日経過し、全身状態が良好になるまで
風疹(三日ばしか) 発しんが消失するまで
水痘(水ぼうそう) すべての発しんが痂皮化するまで
咽頭結膜熱(プ-ル熱) 主要症状の消退後2日を経過するまで
結核 医師により感染のおそれがないと認められるまで
髄膜炎菌性髄膜炎 医師により感染のおそれがないと認められるまで
第3種 コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症(O-157等)、腸チフス、パラチフス、*流行性結膜炎、急性出血性結膜炎、その他(ノロウィルス等による感染性胃腸炎、溶連菌感染症、ウィルス性急性肝炎、マイコプラズマ肺炎) 病状により医師が感染のおそれがないと認めるまで

Adobe Reader のダウンロード

上記のリンク先はPDFファイルにて作成しております。
PDFファイルをご覧になるには「Adobe Reader(無料)」が必要です。インストールがお済みでない方は、下のアイコンをクリックしてインストールの上、ご覧下さいますようお願い申し上げます。
(Adobe Reader-Adobe社.登録商標 )

get_adobe_reader.png